肥満を放置することで襲われる4つのリスク!無事に歳を取りたかったら痩せよう!

病気

特に女にモテたいわけでもないし、

好きなもんは好きなように食いたい。

そういう考えの方も少なからずいるでしょうが、

内臓脂肪を抱えたまま40、50と歳をとっていくと

10を超える病気のリスクを

抱えることになります。

 

今回は肥満のまま放置した結果起きることを紹介します。

心臓負担からの脂質異常症(高脂血症)

肥満によって毛細血管が伸びた分、

血を遠くに送らなければならないので、

心臓に負担がかかります

 

結果、脂質異常症になり、

  • 脳梗塞、脳出血
  • 心筋梗塞、狭心症
  • 大動脈瘤、大動脈解離
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 腎臓障害

この8つの病気のリスクを抱えます。

ぶっちゃけ、死にます

膝負担からの変形性膝関節症

靭帯や軟骨のすり減りにより、

 

立つ時、歩くときなどの動作開始時に痛み

階段上り下りできない

歩けない。寝てるだけで痛い

 

生活に支障しか出ません

予防法として減量の他、

太もも周りの筋肉をつけることが推奨されてます。

首回り脂肪からの睡眠時無呼吸症候群

睡眠中呼吸停止を繰り返す為、とるべき酸素が不足し、

それを補おうと身体が心拍数を上げている状態です。

常時覚醒状態なので全く休めません。

結果、

集中力の欠如や眠気などを引き起こします。

いびきが五月蠅くて周りも迷惑です

自覚症状がでない内に肝臓がんになってる脂肪肝

運動不足、食べすぎ、酒の飲みすぎにより

肝臓に脂肪が蓄積されている状態を脂肪肝といいます。

これは痛みといった自覚症状は出ません。

なら大したことなくね?

しかし痛みを感じないがために、

全く気づかないままガンガン進行し

肝硬変

肝臓がん

につながります。

 

身体が怠くなったり、

肩が凝ったりといった症状が出るときは

もうある程度進行してます。

まとめ 病気を避けたきゃ痩せよう

肥満のまま歳をダラダラと重ねれば

生活に支障が出て、

場合によっては死につながる。

 

歩けなくなってからでは食べたいものも食べられない。

肝硬変になってからでは酒も飲めない。

 

痩せよう。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました