耐えれば恩恵は大!糖質制限の目標は長期的に太らない身体づくり!

モチベーション

カロリー控えて運動して痩せたと思ったら太って…いつまでこうしてんだ俺は

ダイエットに終わりはない。

時にそんな感覚に襲われます。

一時的に理想の身体を手に入れても、

制限してた食事、甘いものを解禁してしまえば

あれよあれよという間にリバウンド。

じゃあ一生食べたいモノは食べられないのか?

 

解決方法は1つだけあります。

それは逆に考えるんです。

食べたいと思わなければいいんだと。

 

糖質制限をする上での

本来持つべき心構え

成功後の絶大な効果

紹介します。

最終目標は甘いものを受け付けない身体に作り替えること

人体の細胞は、

3か月ごとに完全に入れ替わると言います。

この3か月を目安に甘いものや炭水化物を

少しずつ減らしていくことで、

糖質中毒を完全に断つことが目標です。

 

皆さんの周りにも、

菓子は食わない、甘いものは食べない

という人はいらっしゃるでしょう。

これは生活習慣によるものです。

つまり、

時間と最初の忍耐でこの価値観を手にすることができます。

人口甘味料は一時しのぎ

糖質がダメならアレだ。ゼロカロリーゼリーとか食えばいいんだな?あれ糖質0表記だし

推奨できません。

確かに人工甘味料を使ったゼロカロリーものは

他のスイーツと遜色ない甘みを楽しむことができますが、

結局身体が甘みを欲しています

これでは糖質中毒は断てません。

 

どーーーーしても我慢できない、

でも1週間後までに痩せなきゃ!

みたいな状況の一時しのぎとしてはアリかもしれませんが、

いずれ断たなければいけないものには変わらないです。

 

更には、人工甘味料自体が身体に良いものかどうか

まだわかっていません。

なぜアレだけの甘みがあるのに糖質カロリー0なのか?

危険性がないとは言い切れません。

 

糖質中毒を断つという目標のために、

人工甘味料も断ちましょう。

リバウンドを乗り越えればダイエット終了

とはいえ、中毒症状。

長年当たり前のようにとり続けていた米、パン、麺、間食、デザートを断つわけですから、

食べたくなる時が出てくるのは必然。

 

特に満腹にも関わらず「別腹」とか言う謎概念で

アイスやら果物やら食べていた人達は

満腹中枢がストッパーになってないので

ここは意志の力で我慢するしかないです

 

個人差はあるでしょうが、3か月。

食生活を改善すれば、

一生ダイエットと無縁の身体を手に入れられます

 

今そこにあるチョコやアイス。

人生を下り坂にしてまでほしいモノですか?

胃袋、将来の自分、理想の自分と相談して、

決断してください。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました