もしも生活全てを肉体改造に捧げる覚悟があるなら

モチベーション

このブログは基本的に継続しやすい、

ハードルが低いダイエット方法や知識を記事にしています。

なので運動よりも食事、

急な改造でリバウンドするよりも

緩やかな習慣の変化を。

という傾向ですが、

 

もしもアナタが1日の全てを肉体改造に捧げ、

それを継続する気ならば。

 

その覚悟が無駄にならないための知識を

ここにまとめます。

 

結論から言うと、

結局食習慣改善が一番です。

超回復させながらサーキットトレーニング

毎日限界ギリギリまで身体をバラバラにするわ

無駄です。

超回復を挟まない筋トレは効率が落ちるばかり。

 

筋肉を膨らますのは当然として、

長距離ランナー用の筋持久力にも超回復は必要です。

 

1日筋トレしたら、1~3日間を空けましょう。

 

参考記事↓

オールアウトは必要ない

1日の筋トレの目安は

2~3セットを

ギリギリできる負荷で行い

余裕ができたらすぐに負荷を増やしていく

 

その一方で、

身体が動かなくなるまで筋繊維を徹底的に破壊しまくるトレーニング方法もあります

それはオールアウト。

持ちあがらなくなるまで腕立てして、

その後膝ついて腕立てして、

……という感じで

一部位をこれでもか、と苛め抜く方法です。

バキのジャックハンマーですね。

 

これ、

達成感に定評ありますが、

無駄です。

 

筋繊維がぶっ壊れてる状態で筋トレしても

フォームは崩れるしケガしやすくなるし

超回復の邪魔だしで

いいことありません。

 

根性の無駄遣いはやめましょう。

たんぱく質中心にバランスよく食事

ダイエット中の食事といえばたんぱく質、

低糖質、低脂質、低カロリーと色々ありますが、

1日の必要量をバランスよく摂るのが一番無難です。

 

ただし意識して摂らないと

絶対不足するのはたんぱく質です。

 

加えてたんぱく質を含む肉、卵、魚、大豆などは

他の食品に比べ満腹感を得やすいモノが多いので、

これらを中心に摂取しましょう。

意志力の使いどころは食事改善

結局短期間に人間の限界を超えてもどうにもなりません。

むしろリバウンドする可能性が高いです。

なのでどうしても肉体改造したい強固な意志があるならば、

その火を長期にわたって絶やさず

燃えてる状態を当たり前にもっていくことに

命を懸けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました